What's New

■催事等への出店はお休み

しております。

勝栄舎牧場の歴史

勝栄舎牧場の名前は、
会社の創設者である中村
(現在の社長の祖父)と
出資者である勝雄の義兄、秋山太郎
の一文字づつに由来しています。
 
1927年(昭和2年)より牛と生活を共にし
昭和26年、合資会社勝栄舎を立ち上げました。
当時、法人化する農家のさきがけでした。
 
厳しい時代を生き抜いてきた先代の努力と
たくさんの方々に知恵と力をかして頂き実現した
創設だったと聞いております。
 

その後、2代目将一が時代に合った酪農経営を行い、農林大臣賞を受賞しました。

現在は代表が一人で牧場の仕事をしております。

酪農業は生き物と生活を共にしている為、1年365日毎日休みなく仕事があります。

ときに酪農ヘルパーさんや獣医さんに手助けして頂きながら、現在は3代目中村康弘が一人で牛達のお世話と牧場の管理をしています。